ドライクリーニングとは?

一般的に”ドライクリーニング”と良く使われていますが、

「ドライクリーニングって何?」

と聞かれると答えられない方は多いと思います。

ここではドライクリーニングについて簡単に説明させて頂きます。

ドライクリーニングについて知っておくことは、上手にクリーニング店を利用する上でとっても大事な事なので

是非覚えておいてください!

 

そもそもドライクリーニングって?

そもそもドライクリーニングとは何なんでしょうか?

答えは『石油系有機溶剤』という石油から出来た一種の油を使った洗濯方法の事を言います。

油と言っても食用油のようなベトベトした油ではなく、石油やガソリンのようなサラサラした触感の油で、

無色透明で、若干臭いのある油を使用します。

”水を使わない”という事から転じて”dry”=ドライクリーニングと呼ばれるようになりました。

 

↑ドライクリーニング用の石油系有機溶剤

 

ドライクリーニングのメリット①

では何故水ではなく石油なんて危なっかしい液体を使って洗うのか?と言いますと、

水で洗ってしまうと具合の悪い衣類があるからです。

 

その代表格が、ウールやカシミアなどの動物の繊維から出来た衣服です。

 

こういう動物繊維は、水で洗ってしまうと繊維同士が絡まって縮んだり、型崩れしてしまって

とても着れない状態になってしまいます。

 

人間の髪の毛も、石けんを使って洗うと髪の毛のキューティクルがバサッと開いて

手でかき上げると絡まって通りが悪くなりますよね?

あれと同じようなことが繊維にも起きて、繊維同士が絡まって生地が縮んだようになるのです。

 

ところが溶剤で洗ってやると、縮まない所か、髪の毛にトリートメントをしたような

滑らかな状態に近付けることが出来、本来のウールやカシミアの肌触りに戻すことが出来るのです。

 

ドライクリーニングのメリット②

もう1つドライクリーニングの特徴として、

油であるからこそ、油汚れが落ち易い、というメリットがあります。

 

油と水を混ぜても決して混ざらないように、油は水に溶けないので、脂汚れを水で落とそうとしてもなかなか落ちません。

ところがドライクリーニング溶剤なら簡単に溶け落ちてくれるので、衣類へのダメージも少量で抑えられます。

 

油汚れと言っても食べこぼしや料理時に跳ねた油だけではありませんよ。

大気中を漂う排気ガスは、ススが油の膜で覆われた状態で飛んでいるので、

外に着て出た服のほとんどは、全体的に油性の汚れが付いていると考えられます。

 

また、人間から出る皮脂も、”脂”という字が付くように油性の汚れとしてドライ溶剤に溶けます。

首回り、袖口などの黒ずみが、家庭洗濯では落ち難い原因は皮脂が幾重にも重なって生地に付着しているからなんですね!

 

ドライクリーニングのデメリット①

では、ドライクリーニングに悪い点はないのか?

と言いますと、残念ながらいくつかあります。

その1つが、汗などの水溶性汚れが落ち難い、という点です。

 

先ほど水と油は混ざらない、と言いましたが

全く同じ原理で水溶性の汚れはドライクリーニングでは落ち難いのです。

そのため多くのクリーニング店ではドライクリーニングでは落ちない汗汚れの対処に

「ウェットクリーニング」や「Wウォッシュ」「汗抜き加工」など

水を使ったオプションサービスをメニュー化しています。

 

この辺りを知っておくと、

「クリーニングしたのに何か臭う」とか

「クリーニングして保管しておいたのに、出してみたら黄色くなってた」

といった不満の解消に、役立つかもしれません。

 

ドライクリーニングのデメリット②

更にドライ溶剤は石油で出来ているのでいろいろと危険です。

特に知っておいてもらいたいのは

ドライ溶剤は人間の皮膚に長時間接触していると「化学やけど」という火傷のような症状が出る、という事です。

 

例えばクリーニングから返って来た服が、何だか変な臭いがする場合、

そのまま着るのは絶対に止めてください!!!

下手をしたら重篤な障害が残る可能性もあります。

 

これはクリーニング店の明らかなミスですが、冬服など厚手の衣類や、

合皮などの乾きの遅い衣類を、即日納品などの急ぎ案件で依頼した場合、

起こる可能性があります。

 

最近は乾燥機の性能が上がった事や、クリーニング店の認識が上がった事で

こういった事故はあまり起きなくなって来ていますが、

もし「何か変だ」と感じたら、半日~1日くらい換気の良い場所で乾かしてから着るようにしてください。

ドライ溶剤は揮発性が高いので、恐らくそれくらい風に晒しておけば揮発して無害になるはずです。

 

ドライクリーニングの上手な使い方

ここまで説明したようにドライクリーニングにはメリットもデメリットもあります。

(まだまだお伝えしたい事はたくさんありますが、とりあえず基本的な事だけ)

 

そこでどのようにドライクリーニング(クリーニング店)を利用したら良いか?という事ですが、

まずは素材に注目して見てください。

ウールやカシミアなどの動物繊維が含まれている場合、ドライクリーニングが適しています。

また、外着として何度も着用した物や、襟首・袖口などに黒ずみが出来ている衣類もドライクリーニングが適しています。

 

逆に部屋着やスポーツウェアのような主な汚れの原因が汗である衣類は家庭洗濯の方が適しています。

後は綿やポリエステルのような植物繊維や化学繊維で出来た衣類は、家庭洗濯でも洗える物が多いですね!

(詳しくは洗濯表示を見てご判断ください!)

 

このように、クリーニング店と家庭洗濯を上手く使い分ける事が、上手にクリーニングするポイントと言えます!

 

まとめ

それでは最後にまとめておきます。

・ドライクリーニングとは油を使って洗う洗濯方法。

・外気や皮脂の油汚れには強いが、汗などの水溶性汚れには弱い。

・ドライ溶剤は肌に触れると危険なので、臭いがする場合は絶対にそのまま着ない!!

 

以上3点を理解した上で、クリーニング店と家庭洗濯を上手に使い分ける事が

衣類と長く綺麗に付き合えるポイントとなります!

是非覚えておいてください(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

ブログスタート!