スポーツウェアの正しい洗濯方法

いよいよオリンピック・パラリンピックが近づいて来ました!

アスリートに感化されて久々に運動でもしてみるか…と思われる方も

もしかしたら増えるかもしれません。

でも、そのウェアちゃんと洗えていますか??

実はスポーツウェアに限らず、吸水性を重視して作られている服は

通常通り洗濯してしまうと機能性が落ちてしまう事があるそうです。

そこで今回はスポーツウェアの正しい洗い方をご紹介します。

 

【吸水速乾ウェアは柔軟剤NG!】

まず一番気を付けたい事は吸水速乾がウリの機能性ウェアです。

吸水速乾をウリにしている物は汗を吸い易いように素材に毛細管現象のような加工がしてあるので、

ここに柔軟剤を使って油膜を張ってしまうと

吸水性が衰えてしまう場合があります。

なので吸水速乾のウェア、特にインナーなどには柔軟剤は使わないようにしましょう。

(洗濯表示タグを確認すると「柔軟剤のご使用はお避けください。」と書いてある物もあります。)

 

【スポーツウェア洗濯で使う洗剤】

運動時に付く汚れというと基本的に汗と汗に交じる皮脂やタンパク質なので

それらを落とし易い洗剤を使います。

通常のオシャレ着洗い洗剤は中性洗剤なのですが、

皮脂やタンパク質には弱アルカリ性洗剤の方が効果があります。

なのでスポーツウェアを洗う時には弱アルカリ性洗剤がおススメです!

 

また、スポーツウェアにはリフレクター(反射材)が使われている事が多いのですが、

リフレクターは漂白剤で劣化してしまう事があるので漂白剤は使わないようにしましょう。

 

漂白剤が使えないので汚れた状態で放置するのは絶対やめましょう。

小まめに洗濯して汗を酸化させないようにする事が肝心です!

臭い対策にもなりますからね!

(柔軟剤や漂白剤を使わなくても良い状態を保ちましょう)

 

 

【スポーツウェアの洗い方】

素材がデリケートな物、薄いメッシュのような物、型崩れが心配な物は

ネットに入れて洗うようにしましょう。

色移りの心配があるウェアは別々に洗ってください。

水温は汚れが落ち易いように30℃くらいにするのがおススメです。

洗濯機の「ドライコース」「ソフトコース」などに設定して

弱アルカリ性洗剤を投入。

柔軟剤は入れないように!

 

本当に本当にデリケートで大切にしたいウェアに関しては

洗濯機ではなく手洗いしましょうね!

 

【まとめ】

快適なスポーツウェアで快適な運動を楽しんでください!

・スポーツウェアに柔軟剤は使わない

・リフレクター付のウェアには漂白剤は使わない

・皮脂やタンパク質の落ち易い弱アルカリ性洗剤を使う

 

私もそろそろマラソン再開しようかな・・・(笑)

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です