新しい洗濯表示を分かり易く解説

お洗濯の時に洗濯表示を見られている方いらっしゃいますか?

元々ほとんど見てない、という方も

「何か洗濯表示が変わったんだって??」

といった事を聞いた事があるかもしれません。

 

平成28年(2016年)の12月から元々使われていた洗濯表示を

世界基準に合わせた記号に規格が変更されました。

これにより記号の読み方が解らなくなった方がたくさんいらっしゃるようなので

今回は洗濯表示をまとめてみたいと思います!

 

【まず覚えるのは基本の5パターン】

まずは新しい洗濯表示には5つ基本的な記号があります。

桶に波・・・洗い方(主に洗濯機洗いを指します)

三角・・・漂白方法

四角・・・乾燥方法(自然乾燥とタンブラー乾燥の2種類が含まれます)

アイロンのような記号・・・見たままアイロン掛けする時の温度

丸・・・こちらはクリーニング店のクリーニング方法です。

 

家庭洗濯においては特に「洗い方」と「漂白」、「乾燥方法」の3つは

押さえておく方が良いですね!

 

【洗い方と洗う際の水温と強弱】

水洗い表記には洗濯機可能手洗い可能、そして水洗いNGの記号があります。

これはマークからイメージし易いので覚えるのは簡単だと思います!

難しいと感じるのはここからです(笑)

桶の中に数字が入っている場合、その洗濯物の限界温度を示します。

「40」と書いてあれば40℃以下で、「30」と書いてあれば30℃以下で洗えます。

また、桶の下に線が引いてある場合「デリケートな素材なのでソフトに洗ってください」という表記です。

洗濯ネットに入れてソフトに洗いましょう。

更に2本線がある場合は「極めて弱く洗ってください」という意味です。

ネットにいれて更に「弱洗い」「ソフト洗い」「ドライコース」などで洗うと良いでしょう。

ちなみに「手洗い」の限界温度は40℃で規定されています。

 

【漂白の方法】

漂白処理の洗濯表示は3つです。

出来る、出来ないの間に、斜線が二本入ったマークがあります。

こちらは「酸素系漂白は出来るけど、塩素系漂白は出来ません」というマークです。

色柄物などは塩素系漂白をしてしまうと色柄が飛んでしまうのでこちらのマークが良く付いています。

こちらのマークは覚えておいた方が良いかもしれませんね!

 

【乾燥の方法とタンブラー乾燥の温度】

次に乾燥に関してですが、こちらが一番ややこしいので付いて来てくださいね(笑)

まず、四角に線が縦や横や斜めにある物。

こちらは自然乾燥(ご自宅で干す物)の仕方を表しているマークです。

一方、四角に丸が入ってその中に黒点が入っている物。

こちらはタンブラー乾燥(乾燥機)の限界温度を表すマークです。

 

自然方法にはいくつか違いがあります。

線が1本か2本、縦線か横線、斜線があるかないかで分かれています。

縦線は「吊り干し」を表します。

横線は「平干し」を表します。

線が1本は「通常干し(普通に脱水後干す)」

2本は「濡れ干し(脱水をあまりしないで干す)」を表します。

斜線があるのは「日陰干し」です。

という事は、上の「?」に入る部分は・・・解りますよね?(笑)

 

次にタンブラー乾燥ですが、こちらは簡単です!

中の黒点が2つの場合は何も気にせずタンブラー乾燥をしてください。

中の黒点が1つの場合は少し低い温度で乾燥しましょう。

 

洗いの「線(ー)」が増えれば増える程弱くなるのに対して、

温度の「点(・)」が増えれば増える程高くなるのは、

反対になって覚え難い…という方もいらっしゃると思いますが、

「線をマイナス(-)、点をプラス(+)で覚えると覚えやすい」

というご意見をTwitterで頂きました。

確かにそれだとマイナスが増えると弱く弱くなり、プラスが増えると強く強くなる

といったイメージで覚えられますね!

 

【アイロンの温度】

アイロンに関して注意すべき点は温度だけですね!

細かい温度設定は覚えなくもアイロン本体に付いている「高温・中温・低音」の設定が

大体上記にマッチしています。

ここでも乾燥機の所で挙げた「点(・)」「プラス(+)」でイメージすると

「黒点が増える程【高温】」というイメージが湧き易いと思います!

ちなみに旧表示には「あて布」マークがありましたが新表示ではマークは無く

但し書きに書かれている物が多いようです。

しかし、ウールやシルクなど風合いを損ないたくない場合は

書いていなくても「あて布」をした方が良いでしょうね!

 

【クリーニングのマーク】

ただの「丸」や丸に「P」とか「F」とか書かれているのはドライクリーニングの種類になります。

お店によっては「P」や「F」を受けてくれない事があるかもしれませんが、

基本的には気にしなくても大丈夫です。

水洗い✕で家庭洗濯出来ない場合は、

とにもかくにもクリーニング店で相談しましょう!

 

【これだけは覚えておこう!】

いろいろある中でこの3つは覚えておくと便利です!

水洗いNG・・・基本的に家庭洗濯に適しません。クリーニング店に相談しましょう!

塩素系漂白剤NG・・・色柄物は塩素系漂白すると色が飛ぶので気を付けましょう。

ドライクリーニングマーク・・・水洗いNGでこのマークがあったらプロに相談すべき商品です!

 

なお、「どうしても覚えられない・・・」という方には

「あ~らくせんたく」

というアプリがあります。

洗濯表示を写真に撮ると洗えるかどうかを瞬時に判断してくれて、

さらに自宅にある服を写真で管理できる(洗えるかどうかも表記されている)無料アプリです。

使った事がないのでレビューは書けませんが興味があればご自身で調べてみてください!

 

他にも解らない事や自分で洗濯するのが怖い物は迷わずクリーニング店に相談しましょう。

クリーニング屋さんといろいろ相談出来るようになると、家庭洗濯でも自信を持って処理できるようになります。

 

【まとめ】

今回は洗濯表示をまとめてみました。

・新しい洗濯表示の基本5パターン

・線(ー)はマイナス(-)、点(・)はプラス(+)と覚えると覚えやすい

・水洗いNGでクリーニングマークがあればクリーニング屋さんに相談してみる

・「あ~らくせんたく」という便利なアプリがある

・クリーニング屋さんと密な関係を築くと家庭洗濯にも自信を持てる

 

難しいようで覚えてしまえば簡単なものなのでこれを機会に是非覚えてみてください!

洗濯に関して「良く解らないわ~」という事があればコメントその他お待ちしております。

お気軽にご相談ください。

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。