夫は何故靴下を丸めて洗濯機に入れるのか?

毎日Twitterで洗濯に関する投稿を閲覧しているのですが、

主婦の方のお困り事で

「夫が靴下を丸めて洗濯機に入れるのが腹が立つ」

という呟きを良く目にします(笑)

 

男としては旦那様の味方になってあげたい気持ちもありますが、

ここは残念ながら奥様に大共感してしまいます。

(うちの妻が”丸める”というわけではありません。)

 

旦那さんにとっては「ほんの些細な事」なのかもしれませんが、

毎日家事をする奥様にとってはチリツモな嫌がらせの1つ。

これが原因で離婚というケースも笑い話ではなく本当にあるそうですから…

 

今回は旦那様が何故”靴下を丸めたまま”にするのか?

そして奥様が何故その事に腹が立つのか?

を勝手に想像して考察してみました。

両方の立場を知る事で相手への配慮と尊敬がお互い出来るようになれば、と思い書いて行きます。

温かい目で読んでみてやってください!

 

【夫が靴下を丸める理由 考察①:そもそも関心がない】

最近では家事を全て奥様に任せっきりという旦那様は減って来たと思いますが、

それでもやはり「手伝い程度」というのが主婦目線での一般的な見解かと思います。

そんな夫にとって”靴下を洗う”という事が、

自分の頭の中に1ミリも関心がない事が考えられます!

靴下を脱いだ時どのような状態になっているのか、意識した事すらないので

丸まっていても全く問題点に気付きません!

そしてそれが習慣になってしまうと、1回2回注意された所で直りません。

 

一方で奥様は洗濯した後に1つ1つ干す作業があり、

乾いたら今度は1つ1つ畳んで仕舞う作業があります。

その度に丸まった靴下にイラッとするのです。

そうなると否が応にも関心が高くなり、この差は埋めようのない溝になって行きます。

いかに夫に関心を持ってもらうか?という事が大事になって来ます。

 

【夫が靴下を丸める理由 考察②:汚くて触りたくない】

最近は自分の汚れ物も触りたくないというような潔癖症に近い考えの人が増えているそうです。

そんな人にとっては汚れた靴下は、

たとえ自分の物であっても出来るだけ触りたくない、と考えるのかもしれません。

片方の足でずり下ろして脱いで、そのまま洗濯機に摘まんで入れる、

その後すぐ手を洗う。

その一連の行為により、丸まった靴下は出来上がるのかも?

 

一方でそんな汚れた靴下を洗って、干して、仕舞う奥様にとっては

溜まったもんじゃありません!!

誰が綺麗にしているのか?をはっきり解ってもらわないといけませんね!

 

【夫が靴下を丸める理由 考察③:疲れていて伸ばす気力もない】

旦那様を唯一フォロー出来るとするならば、やはり日中お仕事でへとへとになるまでがんばっている点。

もしかしたら帰って靴下を伸ばす程の気力も残っていないのかもしれません(笑)

そう考えるなら丸まった靴下の1個や2個、許せる気持ちにならないですかね?

 

しかし疲れているのは奥様も同じ事。

共働きやパート、専業主婦だって、大変です!

少しでも奥様の手間を省くために夫は協力的であるべきですね!

靴下を伸ばして洗濯機に入れる、たってこれだけで奥様のイライラが少しでも減るなら

こんな良い事はないでしょう。

ここはお互いに労を労って、感謝と尊敬を抱くと良いですね。

 

【夫が靴下を丸める理由 考察④:潜在的なマザコン意識】

夫に対して注意したのに直してもらえない場合、もしかしたら

「小さい頃から丸めていても母親からは注意された事はない!」

という反発的な気持ちが出ているのかもしれません。

それは潜在的なマザコン意識ではないでしょうか?

 

基本的に男の子は自分で洗濯した経験がほとんどないと思います。

脱いだ靴下は母親が洗濯して畳んでタンスに仕舞ってくれた、

そういった甘えが丸まった靴下に表れているのかもしれません。

 

もはや夫としてではなく”幼稚園児”くらいの気持ちで丸まった靴下と向き合うと

気持ちが楽になるかもしれませんね!

 

【夫が靴下を丸める理由 考察⑤:何が悪いのか解ってない】

恐らく多くの男性に「靴下は伸ばして入れて!!」と言っても

本心では「別に丸めたままでも良いじゃん!」と内心では思っていることでしょう。

そんな時は何がダメなのか論理的に説明すると理解してもらえる事もあるかと思います!

 

例えば洗いムラが出来て臭いが残る、とか

干す時乾き難くなるから雑菌が繁殖する、とか

転がって落ち易い、とかですかね。

 

どちらかと言うと男は論理的思考が得意なので理由を説明した方が早く改善する傾向があるので

嫌だからとか気持ち悪いからとか、そういった感情的な注意より

効き目はあると思います!

 

実際丸まったまま洗濯をすると、重なった部分は汚れが落ち難く

洗いムラが出来易いです。

そのまま干すと乾きムラにもなります。

これらは雑菌を繁殖させて、嫌な臭いが倍々に倍増され

クレヨンしんちゃんの父ちゃん、ヒロシの靴下に匹敵する悪臭源となるでしょう。

その事をちゃんと伝えましょう!

 

【Twitter上での解決策】

と、ここでTwitter上では様々な解決策が投稿されていたのでいくつかご紹介します。

・靴下だけ自分で洗わせる

→自分で洗うと一手間の苦労が良く解りますよね。

 

・丸まったまま洗濯して丸めたまま干してタンスにぶち込む

→強硬策ですが臭い靴下は履きたくないので効果ありそうです。

 

・子どもに注意するフリをして旦那に嫌味を言う

→まあ一番角の立たない伝え方でしょうか?

 

中には、アイドルのファンが持っているような応援うちわ

「靴下ひろげて♡♡♡」と愛情たっぷりに書いた注意書きを

旦那様に作られている方もいらっしゃりました!!

ここまでされたら夫側も悪い気はしない、

と言うか潔く反省し改善するに違いありません(笑)

 

いかに夫に改善してもらうか?皆さん苦労されていらっしゃるようですね!

 

【まとめ】

靴下問題は他にも裏返し靴下問題、脱ぎっ放し靴下問題と様々です。

とにかく夫は妻への感謝と尊敬を忘れず、少しでも家事の手間を軽減できるよう協力するようにしましょう!

・考察① 関心がない → まず関心を持ってもらおう

・考察② 触りたくない → それを誰が洗っているのか気付いてもらおう

・考察③ 伸ばす気力もない → 仕事おつかれ様、と気遣ってあげてください

・考察④ マザコン意識 → 聖母のような御心で包括してあげましょう

・考察⑤ 悪いと思わない → 理論的に説明すれば改善するかも?

 

もしご家庭で素敵な改善策を実行された方がいらっしゃったら、是非教えてください!

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。