寒い冬の中洗いクリーニング習慣

年が明けて寒い日が続いていますが

お風邪などひかれていませんか?

この時期外に出るとなるとコートダウンジャケットなどが

手放せなくなりますが、

そのコートやダウンジャケットは

ちゃんと暖かいままですか?

今回はコートやダウンなどの保温性向上のお話です!

 

【いつも同じアウターを着ていると・・・】

コートやアウターを何着も着回しているオシャレな人もいらっしゃると思いますが

大抵の場合は2~3着をフルローテーションで着倒している方が多いんじゃないでしょうか?

そうなるとシーズンが終わる頃には袖口や襟周りが黒ずんでいたり

黄ばんでいたり、ファンデーション汚れが付いていたりしませんか?

 

汚れているだけなら未だ良いのですが、

実はそういった場合コートやアウターの一番大事な機能性も

失われている可能性があります!!

それは「保温力」です!!

 

【何故「保温力」が失われるのか?】

例えばダウンジャケットや中綿の入ったアウターですと

中綿がふんわりする事で、そこに空気の層が出来て暖かいのですが、

しばらく着ていると湿気を吸ったり、汗を吸ったり、

あるいは椅子にもたれたりなどして中綿が潰れぺしゃんこになり

空気の層が失われるのです。

そうなると暖かさは半減してしまいます。

 

起毛のコートの場合も、起きた毛の間に空気の層が出来る事で

暖かさが増すのですが、

こちらも湿気や汗、圧力などで毛が寝てしまうと

空気の層が失われて暖かさが半減してしまいます。

 

【オススメは中洗いクリーニング!】

そこでシーズン中に1回、クリーニングする事をオススメします。

「中洗い」「中間洗い」などとも言われますが、

調度この時期、1月末~2月頭くらいに一度クリーニングしておくと

シーズン終わりまで暖かいままコート・アウターを着る事が出来ます。

 

もちろんシーズンが終わって衣替えする時にも1度クリーニングしてから

タンスに仕舞われる事もお忘れなく!

 

【中洗いクリーニングのメリット】

中洗いクリーニングは保温性向上だけではなく、汚れ落ち・シミ抜きの面から見てもオススメです。

シーズン中ずっと着ていると付着した汚れが定着したり

中に浸透したりしてシミになります。

シミになるとクリーニングだけで落とす事が出来なくなるので

別途シミ抜きが必要になって来ます。

 

シーズン途中に一度クリーニングしておくと

その時点で汚れが一旦リセットされるので、

シーズン終わりのクリーニングでも綺麗に落ちる可能性が高まります。

 

コストの面で見ても実は1回クリーニングしておく方が安く上がる可能性が出てくるのです。

 

【まとめ】

今回は中洗いクリーニングについて解説してみました。

・コートやアウターを着続けると保温性が減少していく

・中綿が湿気や汗を吸ったり、圧力がかかると空気の層が失われる

・クリーニングはシーズン途中とシーズン終わりの2回を推奨

・汚れも落ちてトータル安くなる可能性もある

個人的には、この時期はどこのクリーニング屋さんも空いているので、丁寧に早くやってもらえると思うので

中洗いクリーニングはいろんな意味でおススメです!

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。